疲れにくいカラダになったので方法をシェアします

コンテンツ

朝食:基本的にコーヒー・青汁・野菜ジュース

基本的に管理人は朝は食べません。

1日の中で1回は、グーッとお腹が鳴るまで空かせた方が胃腸も休まるし健康に良いと考えているからです。

胃腸に前の日の夕食が残っている状態で、また口から食べ物がどっと胃腸に入ってきたら、胃腸だって休まる暇がないでしょう。

胃腸が疲れれば、全身も疲れます。

全身が疲れれば当然、肌も疲れます。

管理人の場合、基本的に朝のお通じが済んで体の中がスッキリしてから、はじめて昼食を摂るようにしています。

この管理人のライフスタイルは小山内博先生・川島四郎先生・南雲吉則先生の影響が大きいです。(五十音順)

このライフスタイルを取り入れてからは、朝の寝起きのあのどんよりとした鈍重な疲れが嘘のように消えました。(●´ω`●)

管理人の体質にピッタリだったようです。

川島四郎先生の食生活

※上記画像は『食べ物さん、ありがとう (朝日文庫)』P60-61より引用させていただきました

昼食:2回に分けて食べる

昼食は、普通の成人の人と同じくらい何でも食べますが、管理人の場合その量を一度に全部食べてしまわないで、2回に分けて食べるようにしています。

これには理由があって、1度に全部ワンプレートを食べてしまうと、食後に眠くなるし頭も働かなくなるしで、とてもではないですが、例えばブログのHTML・CSSの編集のような細かい作業をこなせなくなるからです。(無理すればやれないこともないですが、効率がとても悪い)

そこで胃腸に負担を掛けないように、そして午後眠くならないように、半分ずつ食事をとるようにしたら、能率があまり落ちずに午後の仕事も取り組めることを発見しました。

お腹も空かなくなったので、チョコレートやスナック菓子などの間食の回数も減りました。(●´ω`●)

その分、たまのご褒美のチョコレートやスナック菓子がとても美味しく感じるようになりました。

夕食:2回に分けて食べる

夕食も昼食と同じ理由で、2回にわけて食べています。

管理人の場合、上記の食生活を続けることで以前と比べ疲れにくいからだになりました。

肌の調子もグッドです。(●´ω`●)

少しでも参考になる部分があればとても嬉しいです。

アトピーのお悩み解決に製品・サービスの情報をまとめました↓
少しでも情報が役立てば嬉しいです

製品・サービスの公式ページで見る こんな人に見てほしいです
16種類の乳酸菌と24種類の酵母菌『プシュケー』
16種類の乳酸菌と24種の酵母からの分泌液の濃縮エキス。摂取することで腸内の善玉菌を元気にして腸内環境のバランスを整える。管理人だったらアトピーの肌荒れに悩んでいて乳酸菌と酵母に関心がある知人に教えます。
『みんなの肌潤セット』

潤い特化型のスキンケアセット。高浸透力+吸水・保湿力で、外部の刺激から肌を守ってくれるバリア機能をサポートする。管理人だったら毎日の入浴後の乾燥に悩んでいて、かつアトピー用の化粧水を探している知人に教えます。
植物性乳酸菌たっぷり100mg配合サプリ「アレルナイトプラス」
「たくましい乳酸菌」植物性ラクトバチルス乳酸菌を使用した乳酸菌サプリ。開発ストーリーも読みごたえがある。管理人だったら夜毎晩アトピーのかゆみでカサカサして眠れなくて悩んでいる知人に教えます。
つらいアレルギー体質・皮ふ炎に効く
澄肌漢方堂【第2類医薬品】

12種類の生薬配合の第2類医薬品。小さくて飲みやすい錠剤タイプ。管理人だったら生薬に関心があり、かつアトピーを体の内側から治したいと考えている知人に教えます。
一皿の料理のように濃厚!伊藤園の野菜ジュース 日本各地で栽培され、安全性が確認された16種の国産野菜原料を100%使用した野菜ジュース。国産・無添加で安心・安全。伊藤園のためだけに生産されたにんじん「朱衣(しゅい)」使用。管理人だったら毎日のアトピーの肌荒れ・痒みのために食欲が湧かず、栄養不足・野菜不足に悩んでいる知人に教えます。
コメント欄

当サイトの目標

  • 管理人はこれまでの人生で
  • 「知らないこと」で悔しい思いを何度もしてきました。
  • だから、日々調べたこと・学んだことを
  • ブログにまとめて発信しています。
  • ここでまとめた情報が少しでも役立てばとても嬉しいです。
  • 記事に間違いがありましたら、是非お知らせ下さい。
  • 確認の上、直ちに修正します。
  • またコメントも募集中です。(●´ω`●)

サイトご利用にあたって

  • 当サイトで公開している記事に掲載されている情報は
  • 自己責任でご活用下さい。
  • 特に医療・健康に関する情報は、ある人には最適(今現在)でも
  • あなたに最適とは限りません。
  • 必ずご自身の状態と照らし合わせて
  • 自分に最適だと判断してから掲載情報をご活用下さい。

スポンサーリンク

  • 「これは使ってみてあまり良くなかった」という
  • 製品・サービスがありましたら、是非お知らせ下さい。
  • 確認の上、お悩み解決製品・サービス一覧表への
  • 今後の掲載の継続を再度検討します。
  • また「これは使ってみてとても良かった」という
  • 製品・サービスがありましたら、こちらも是非お知らせ下さい。
サイトご利用にあたって

関連記事を見る